フランスで一番古いパティスリー

1725年、ポーランド王スタニスワフの娘マリー・レクザンスカは、フランス王ルイ15世の元に嫁ぎました。

5年後の1730年、二コラ・ストレールは、パリ2区のモントルグイユ通り51番地に、パティスリーを開店しました。

貴族達のために次々と新しいデザートが考案される宮殿の厨房では、王の大好物の準備に、いつでも余念がありませんでした。

 

Comments are closed.